ホーム>過去作品集>第4回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1984-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第4回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1984- (昭和59年)

第4回大阪府知事賞

大阪ターミナルビル(アクティ大阪)
講評
大阪ターミナルビル(アクティ大阪)

駅前広場やコンコースの整備と相まって、大阪駅前が緑やレリーフのある、明るくにぎやかな空間に生まれ変わった。巨大な建物であるだけにその圧迫感をやわらげるため、多層の連窓とスリットにより水平線を強調するとともに、コーナーに丸みを採り入れやわらかさを出し外壁をシルバーに近いベージュ系のおとなしく上品な色調におさえるなどの工夫がなされている。

駅に集中する主要道路からの遠望、特に北の淀川方面から見る姿は陽によって微妙な色の変化を見せ、梅田のランドマークとなっている。また、商業ビルにありがちな過剰広告を抑制し、品格を維持し続けている点も評価したい。

概要
建築位置大阪市北区梅田3‐1‐1
竣工年月昭和58年3月
建築主日本国有鉄道大阪ターミナルビル株式会社
設計者日本国有鉄道大阪工事局
株式会社安井建築設計事務所
施工者株式会社大林組・鹿島建設株式会社・清水建設株式会社・株式会社竹中工務店・株式会社間組共同企業体

第4回大阪市長賞

住友生命御堂筋ビル
講評
住友生命御堂筋ビル

金属パネルとミラーガラスの対比と、それぞれの面の出の違いで強調された垂直性を頂部でガッシリとまとめると共に、庇状に突出しガラスをこまかく区切る黒色のフィンなどにより、単調になりがちな高層ビルの立面に彫りの深い表情をつくり出し、グレーの濃淡によるモノクローム構成とも相まって理知的でクールな都会的品格を醸成し、すぐれたランドマークになっている。足元に近寄ると御堂筋のいちょうの樹と空を映したミラーガラスの二重効果で歩道に濃い緑蔭をつくり出している。

御堂筋の軸線の真正面に位置する三角形の敷地という条件を最大限に生かし独立した、オブジェとしての建築が新しい都市景観をつくり出した好例である。

概要
建築位置大阪市北区西天満4‐14‐1
竣工年月昭和58年3月
建築主住友生命保険相互会社
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社竹中工務店・株式会社熊谷組共同企業体

第4回大阪府建築士会長賞

近鉄堂島ビル
講評
近鉄堂島ビル

四ツ橋筋に面する角地に、建物を奥にひいて東と南にオープンスペースを確保し、それぞれの街並に連続性をもたらすことを心掛けている。

東の公開空地では、北側隣接ビルの側壁をミラーガラスでかくして、歩道をとりこんだ小広場をつくり出しナンキンハゼの並木を配して季節の移り変わりをみせている。さらに、建物の1階ホールの壁面につけられ照明されたレリーフが、ガラス越しに向う側の歩道の人にまで呼びかけている。南の街角に対しては、建物の端部をさらに奥へずらして、緑に包まれたサンクンガーデンを設け、堂島西地区内部への視界の誘導を図るなど、ビジネス街にゆとりのある、親しみやすい雰囲気を醸成し、ストリートアーキテクチャーの典型として、高く評価される。

概要
建築位置大阪市北区堂島2‐2
竣工年月昭和58年3月
建築主近鉄不動産株式会社
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社大林組・大日本土木株式会社共同企業体

第4回特別賞

大阪城国際文化スポーツホール
講評
大阪城国際文化スポーツホール

大阪城の天守閣の遠望を遮らないために建物全体を天守閣石垣より低くおさえる方針のもと、アリーナ全体を地下に沈め、大屋根のサイズも低くする努力がなされている。建物高の上半分は、天守閣の屋根に馴染ませる緑青色の大屋根、残りの下半分はガラスの外壁と人工地盤の石垣で構成され、ガラス面は突き出したプレコンの底の奥に引っ込み、庇の端と石垣上端がつくる2本の水平線が強調されている。また、長方形のドームは単純な形だけに石垣を不整形平面にし、立面は二段構成にするなど単調さを防ぐ工夫もなされている。この建物は風致並びに史蹟保存地区にあり、景観の調和を図るための配慮・工夫が一応の成功をみていることを評価した。

概要
建築位置大阪市中央区大阪城3‐1
竣工年月昭和58年9月
建築主財団法人大阪城ホール
設計者株式会社日建設計
施工者大成建設株式会社・株式会社松村組共同企業体

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。