ホーム>過去作品集>第12回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1992-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第12回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1992- (平成4年)

第12回大阪府知事賞

カルチェ・ダムール(門真市朝日地区木賃住宅面的共同再生事業)
講評
カルチェ・ダムール(門真市朝日地区木賃住宅面的共同再生事業)

永年の苦労の上に生み出されたこの魅力的な住環境は、従前の風景との差異を明快に浮き彫りにしている。堅実な構成の上に軽妙な表現を加えて、各住戸は、各々に楽しいわが家としての個性をもちながら、全体として巧みな調和を保っている。そして何より、新しい時代に向かって明るい表情をもっている。改善すべき地域のごく一部にすぎないが、それだけに、周辺に及ぼす影響は大きいと想像され、すでにその徴候も現れている。環境改善の絶好のモデルといえよう。

概要
建築位置門真市朝日町1・2
完成年月平成3年4月
主用途住宅団地
建築主朝日地区建替事業組合
設計者株式会社ヘキサ
施工者大雅建設株式会社

第12回大阪市長賞

クリスタルタワー
講評
クリスタルタワー

各々に優れた大阪ビジネスパークの諸建築の中でも、シンボル的な存在として高い評価を集めた。とくに中之島方面からの遠望は新しい水都大阪の代表的都市景観と言うことが出来よう。遠景、中景、近景共すぐれた、大阪の代表的超高層建築の1つである。ガラス張りの巨大壁面は雲を写して美しく、この恵まれた立地環境に於いて、まさにところを得たと言ってよい。敗戦当時の廃墟を思えば、新生日本そして都市再生のモニュメントでもあろう。

概要
建築位置大阪市中央区城見1‐2‐27
完成年月平成2年8月
主用途事務所
建築主株式会社竹中工務店
株式会社朝日ビルディング
設計者株式会社竹中工務店
施工者株式会社竹中工務店

第12回大阪府建築士会長賞

豊中市立千里体育館
講評
豊中市立千里体育館

現地は公園の中の心ひかれる小高い丘であったが、そこに建築をおかねばならないとすれば、最善の回答が得られたと言ってよい。風景は一変したが、節度ある美しい形態によって新しい都市の景観が創出され、そこには老若の市民たちが集い、新たな歓びが生まれている。過日の台風の後南側の緑が激減したが、壁面のミラー効果が生かされてこそこの建築の真価が発揮されるので、緑の一層の強化保全が望まれるところであろう。遠景スカイラインも周辺環境になじんで美しい。

概要
建築位置豊中市新千里東町3‐8‐1
完成年月平成2年12月
主用途体育館
建築主豊中市
設計者株式会社梓設計大阪支社
施工者前田建設工業株式会社

第12回特別賞

向野住宅街区整備事業施設住宅(アメニティ長野)
講評
向野住宅街区整備事業施設住宅(アメニティ長野)

田園都市にふさわしいゆとりのある配置計画の中で、一時代前には見ることのできなかった個性的で変化に富んだ魅力的なスカイラインを持っている。外構計画にもこの地にふさわしい豊かな自然が再現され、安全快適なくらしが約束されている。自治体−公社という公共団体の見事な連携で永い歳月の努力の末に、新時代の住環境創出の1つの回答が示されたものとして特別賞に選出された。

概要
建築位置河内長野市向野町231 他
完成年月平成3年7月
主用途住宅団地
建築主河内長野市
設計者大阪府住宅供給公社
株式会社熊谷組大阪支店一級建築士事務所
施工者株式会社熊谷組大阪支店

第12回奨励賞

千里国際学園
講評
千里国際学園

一戸建団地の中の幅100mに及ぶ大規模建築でありながら、周辺環境に融和すべく細心の配慮が見られる。一方、内容にふさわしい国際的かつ先進的意匠は、飛躍的発展を期待させる千里周辺地区の1つの地域のシンボルとしてたいへん魅力的である。

概要
建築位置箕面市小野原西4‐4‐16
完成年月平成3年3月
主用途学校
建築主学校法人千里国際学園
設計者株式会社AUR建築・都市・研究コンサルタント
施工者株式会社鴻池組

第12回奨励賞

鰻谷チルドレンミュージアム
講評
鰻谷チルドレンミュージアム

意見が二分し、話題が集中した作。繁華街に求められるアメニティの、一方の極が意欲的にデザインされている。新しい時代にふさわしい、エキサイティングな街づくりのための先駆的な役割が期待される。

概要
建築位置大阪市中央区東心斎橋1‐19‐20
完成年月平成元年11月
主用途店舗
建築主有限会社オー・エム・ユービル
株式会社チルドレンミュージアム
設計者株式会社若林広幸建築研究所
施工者株式会社淺沼組

第12回奨励賞

南海サウスタワーホテル大阪
講評
南海サウスタワーホテル大阪

御堂筋南端のアイストップとして、又猥雑なミナミ地区の家並とのコントラストにおいて、又低層をなす懐古的なビルとの調和において、あらゆる意味でシンボリックであり、新生ミナミのランドマークとして堂々たる景観である。

概要
建築位置大阪市中央区難波5‐1‐60
完成年月平成2年2月
主用途ホテル、店舗
建築主南海電気鉄道株式会社
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社大林組・株式会社竹中工務店・ 南海建設株式会社共同企業体

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。