ホーム>過去作品集>第13回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1993-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第13回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1993- (平成5年)

第13回大阪府知事賞

OBP住友生命・近畿銀行ブロック
講評
OBP住友生命・近畿銀行ブロック

大阪ビジネスパーク(OBP)の開発事業は概成期に入り、その都市機能・都市環境創造が大阪のまちに力強い都市的魅力を付け加えたことは、府民によって高く評価されて来た。その大区画(スーパーブロック)のひとつにおいて、4つの建築事業を立体的空間構成によって有機的に結びつけながら一体的な街区空間を形づくり、各建物の多様な機能に応じて昼夜いずれにも魅力的な都市風景が創出された。建築・環境デザインの充実した総合性が外部空間の風趣を洗練された心地よいものにし、文化の香り高い都市のスポットにふさわしい都市景観が産まれている。

概要
建築位置大阪市中央区城見1‐4
完成年月平成2年3月
主用途事務所、ホテル、音楽ホール
建築主住友生命保険相互会社
株式会社近畿銀行
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社竹中工務店
鹿島建設株式会社
株式会社熊谷組
住友建設株式会社

第13回大阪市長賞

魚の棚筋
講評
魚の棚筋

大阪の船場地区は、数百年に及ぶ都市計画の流れを背負っている。現在、大阪市が進めている総合設計制度は、建物づくりと街づくりに結びつける計画的伝統の、最近の局面を担っている。土佐堀通りから伏見町に至る延長約350mの通りに面する複数のビル事業(10年以上の年月にわたる)において、事業主と建築コーディネーターの協力によってこの制度が活かされ、巾約6mの公開空地をほぼ連続した形で実現した。一定した形の剪定で整えられた美しい楠の並木道が、一連の歩行空間デザインをもって続くこの街路環境は、よく整ったビル建築の風格に響き合うヒューマンな街風景をつくり出し、高度情報社会のオアシス的空間の役割を果たしている。

概要
建築位置大阪市中央区北浜4・今橋4・高麗橋4
完成年月平成4年3月
主用途事務所
建築主北ビル株式会社
銀泉株式会社
住友海上火災保険株式会社
住友商事株式会社
山之内製薬株式会社
株式会社レナウン
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社大林組
株式会社竹中工務店
鹿島建設株式会社
株式会社鴻池組
住友建設株式会社
株式会社松村組
株式会社錢高組
株式会社熊谷組

第13回大阪府建築士会長賞

大阪東京海上ビルディング
講評
大阪東京海上ビルディング

大阪ビジネスパークの一角に立つこの超高層建築は、建築協定によって設けられた中央広場と一体のオープンなスペースを敷地全体にわたって構想し、その空間を通して敷地の各方向から歩み寄れる開かれた建環境をつくり出した。この空間の中に超高層建築が独立して置かれ、結果として遠近いずれの視覚においても人の眼をひきつける、風格のある視覚シンボルを創造している。独特の建築的アイデアをもって大胆に構成された構造体は、ダークグレーの構造格子に包まれた空間性豊かなタワーの姿を産み出している。優秀な建築設計成果が同時に、都市景観創造に結びつくことを示す好例と言えよう。

概要
建築位置大阪市中央区城見2‐2‐53
完成年月平成2年11月
主用途事務所
建築主東京海上火災保険株式会社
設計者鹿島建設株式会社
施工者鹿島建設株式会社

第13回特別賞

阪急茨木南駐輪センター
講評
阪急茨木南駐輪センター

既成市街地の中を通る鉄道の連続立体化事業は、その高架構造物デザインと共に、高架下空間をいかに活用し、市街地と一体の都市機能・空間環境を産み出すか、まわりのまちなみといかに調和を保ちつつ新しい風景を生み出すかという、今日的な課題を抱えている。郊外都市の住宅市街地の中を通るこの事業においては高架下利用の機能として自転車駐車場を設定して地域の必要に応じ、その外観を瓦葺き勾配屋根のデザインで街の感性に答える住宅風に整え、側道の環境美装化と調和したまち並みを生み出した。それは住む人、通る人の心をほっとなごませる街景となっている。

概要
建築位置茨木市新庄562‐2 他
完成年月平成3年7月
主用途駐輪場
建築主阪急電鉄株式会社
設計者株式会社奥村組
施工者奥村組・戸田建設共同企業体

第13回奨励賞

桜宮リバーシティウォータータワープラザ
講評
桜宮リバーシティウォータータワープラザ

大阪市の中心を貫流する大川(旧淀川)は、いまや大阪の都市景観の最も秀ぐれた財産として磨きあげる時期に至っている。その上流左岸の一角に進められている住宅開発の中心となる超高層住宅建築は、常々市民の眼にその姿を問う意義を担っている。この建築足下の公開空地は、大川・桜の宮公園との空間的連続性を踏まえた好ましい緑豊かな環境形成を実現している。この空間を下地として塔状の突出した住宅建築がデザインされている。その形・色彩・居住状況とともに、上質のモニュメントたりうる品格を備え、大川河岸に視覚的な焦点を付け加える効果をもたらしている。

概要
建築位置大阪市都島区中野町5‐13‐3
完成年月平成4年3月
主用途共同住宅
建築主松下興産株式会社
近鉄不動産株式会社
株式会社大林組
設計者株式会社大林組
施工者株式会社大林組

第13回奨励賞

武田御堂筋ビル
講評
武田御堂筋ビル

御堂筋の中でも、平野町・道修町の界隈に接する街区は、建ち並ぶ建築の表情にそれぞれの趣き、品格、そして温かみが漂って、上質の建築風景が展開している所である。そこでこの建築は、御堂筋側の軒高を周辺のまちなみに調和させ、建物の最高部高を50.7mとして機能上の要請にこたえる計画設計を、うまくこなしている。外観は落ちついた温かみのある色調の花崗岩張によって風格あるものとし、御堂筋側の建物足下に柱廊を設けて歩行環境に貢献するなど、まちなみに良く応じた設計思想が共感を呼ぶものと認められる。

概要
建築位置大阪市中央区道修町4‐1
完成年月平成3年11月
主用途事務所
建築主大和不動産株式会社
設計者株式会社日建設計
施工者大林組・竹中工務店共同企業体

第13回奨励賞

大阪府豊中保健所
講評
大阪府豊中保健所

定評のある住宅都市豊中においても特に緑豊かな好適な居住環境として評価の高い低層住宅街区の、その一角に立つ公共建築を、ごく自然にまちなみに融け込みながらも公共建築としての存在を市民に語りかける建築にすることが、良く果たされている。その意味で公共建築のあり方にひとつの方向を示すものとして評価される。隣接する大塚古墳公園の緑も良く意識して敷地の一面にポケットパークが置かれていることも、まちの景観をより強める上で効果的である。

概要
建築位置豊中市中桜塚4‐11‐1
完成年月平成4年5月
主用途保健所
建築主大阪府
設計者大阪府建築部営繕室
施工者日本建設株式会社

第13回奨励賞

天美我堂の家
講評
天美我堂の家

都市が郊外に向けて大きく広がって行く過程で、もともとは農村的風景の中の在所として、昔からの瓦屋根民家が軒をつらねる集落の数々が、ごく一般的な市街地に飲みこまれて行く姿は、大阪府下のいたる所でみられる。そのような現実の中で、残された瓦屋根民家のまちなみの一隅に、一軒の家を新しくする仕事は、建築デザインとしていかにあるべきか。それはごく小さい事のようで実は、大きい意味を持っている。この家をデザインした建築家は、この問いを積極的に意識しつつ、個性的なひとつの答えを出している。ごく平凡な板張外壁と小さな窓、しっくい塗りまわしの壁面意匠、そして所々に意外に新しい感じの要素を使いこなすなど、過去と現在をつなぐ等身大の解答がそこに見られる。

概要
建築位置松原市天美我堂7
完成年月平成元年12月
主用途戸建住宅
建築主川中隆之
設計者有限会社Ms建築設計事務所
施工者合資会社中野工務店

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。