ホーム>過去作品集>第14回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1994-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第14回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -1994- (平成6年)

第14回大阪府知事賞

新梅田シティ
講評
新梅田シティ

これまであまり人の近づかなかった大阪駅北西の流通機能のまちの一角が再開発され、超高層2棟を連結した凱旋門状の巨大な建築とホテル棟を合わせて、ひとつのシティと言える環境が生み出されている。建築物の足下の広大な空間は大部分が市民に開放され、人工的なプラザと都市的な自然が一体となって人に足を向けさせている。地上約170mの空中回廊は、それに至るエスカレーターの空中体験ともども高い社会的関心を呼び起こし、大阪の新名所となった。

そもそも再開発の適正条件に欠けるこの街区に、大胆な発想を盛り込んで事業を実現させた、都市活性化への挑戦の見事さにおいて突出しているとともに、その建築のシルエットは、遠く淀川を越え、大和川を越え、あるいは大阪湾上において、大阪のまちのスカイラインに注目すべき新たな情報発信力を創造した。

概要
建築位置大阪市北区大淀中1‐1
完成年月平成5年3月
主用途事務所、ホテル
建築主積水ハウス株式会社
株式会社青木建設
株式会社東芝
ダイハツディーゼル株式会社
設計者原広司+株式会社アトリエファイ建築研究所
吉村元男+株式会社環境事業計画研究所
施工者[梅田スカイビル] 竹中工務店・大林組・鹿島建設・青木建設共同企業体
[ウェスティンホテル大阪] 株式会社青木建設

第14回大阪市長賞

阪急電鉄本社ビル 〜 アプローズタワーのまちなみ
講評
阪急電鉄本社ビル 〜 アプローズタワーのまちなみ

戦後、梅田界隈の賑いに取り残されたままに、老朽化した下町として続いてきた茶屋町は、近年次々に新しい都市機能を誕生させ、若者が関心を持って行き交ういわゆるナウいまちへと変貌した。その街区の北部、都市計画道路に面する区画一体にオフィス・劇場・ホテル・ショッピングを合わせた複合開発が実現し、街路に囲まれた公開空地・ガレリアを環境装置として、2つの高層ビルが姿を現した。その中の2つの劇場機能のうちのひとつ、シアター・ドラマシティを大阪市の「文化施設容積ボーナス制度」に適合させ、市の都市計画方針を受けとめた開発事業となっている。

それは複合的な機能を生み出す都市開発の新しいモデルとも言える先進性と社会性を兼ね備え、優雅で風格の高いアプローズタワーのデザイン効果をもって、超高層建築に新たな魅力を付け加え、梅田界隈の文化性を主張する視覚的シンボルとなっている。

概要
建築位置大阪市北区芝田1‐16‐1・茶屋町19‐19
完成年月平成4年10月
主用途事務所、ホテル、劇場、店舗
建築主阪急電鉄株式会社
阪急不動産株式会社
株式会社コマ・スタジアム
設計者株式会社竹中工務店
施工者株式会社竹中工務店

第14回大阪府建築士会長賞

コスタ・ミラにしきのはま
講評
コスタ・ミラにしきのはま

1988年に催されたコンペに選ばれた案が現実のものとなり、貝塚の臨海部に新たな景観を創出した。既成の団地にみられる概念を一歩進めて、良好な建築と外部空間が総合化されていることが一見してわかる。

514世帯、6棟の住棟の配置に様々な工夫がみられ、町と自然の空間がうまく融合している。各住棟は、棟高さ、バルコニー、デッキなどで変化をもち、彩色されてそれぞれに個性を与えている。ペーヴメントは巧みにデザインされ、広場には貝塚のだんじり蔵や石舞台や環濠を設け郷土性をとりこんでいる。植物や屋外の点景物にも四季を通じて目を楽しませる工夫があり、コミュニティの魅力を高めるヒューマンな演出がなされている。

概要
建築位置貝塚市二色2‐5‐6
完成年月平成5年3月
主用途共同住宅
建築主大阪スタヂアム興業株式会社
アーバンライフ株式会社
水間鉄道株式会社
株式会社アーバネックス
設計者有限会社中島龍彦建築事務所
株式会社長谷工コーポレーション大阪エンジニアリング事業部
清水建設株式会社大阪支店一級建築士事務所
施工者長谷工・清水・水鉄共同企業体

第14回特別賞

吹田市資源リサイクルセンター
講評
吹田市資源リサイクルセンター

現代社会最大の問題の1つといえる廃棄物処理への画期的な挑戦施設である。分別収集している吹田市の破砕・選別の前処理及び資源化機能をもつ。従来の粗大ゴミ破砕工場に自動化、省力化、情報化、環境の改善を取り入れた建築構造は、この施設が単にゴミ処理という終着点ではなく、市民の新しいライフスタイル” リサイクル社会の出発点”としての「回収資源の物流センター」となりうるにふさわしい。

千里丘陵の立地条件を生かし立体的な機能構成で市民の参加がスムースに行える空間が実現して生き生きと活用されている。

デザイン的には景観をリードする強さに欠けるという意見もあるが、方形のガラス屋根の下の広場は、風が吹き渡るほど広く、メタリックな彫刻はシンボリックで、従来のゴミ処理施設の面目を一新している。

概要
建築位置吹田市千里万博公園4‐3
竣工年月平成4年9月
主用途廃棄物処理施設
建築主吹田市
設計者株式会社プランド研究所一級建築士事務所
施工者フジタ・富士工・原田建設共同企業体

第14回奨励賞

グランドメゾン箕面クレアコート
講評
グランドメゾン箕面クレアコート

建築全体の構成からディテールに至るまで、気を抜かない仕事、端正な表現は秀逸で、直線とゆるやかな曲線の組み合わせに、節度と気品がある。また、石材とステンレスなど素材のもつ触感、色彩感の表現も巧みで、住空間に快いテンションと豊かな気分をもたらす作品になっている。周辺の環境にもよい影響を与えている。

概要
建築位置箕面市箕面2‐11‐53
完成年月平成5年2月
主用途共同住宅
建築主積水ハウス株式会社
設計者森崎建築設計事務所
施工者前田建設工業株式会社

第14回奨励賞

センチュリーオーケストラハウス
講評
センチュリーオーケストラハウス

服部緑地”音楽の森”は大阪を代表する都市公園のひとつであり、その中に対象建築物は立地している。緑豊かな風景に建築の表情を良く調和させ、力まず圧迫感を感じさせない建築的表現をもって、環境全体に魅力を与えている。人にこの建物のまわりを散歩したくなる気持ちを起こさせる力を、秘めていると言えよう。

概要
建築位置豊中市服部緑地1‐7
完成年月平成3年6月
主用途音楽堂
建築主大阪府
設計者大阪府建築部営繕室
施工者高松建設株式会社

第14回奨励賞

ビッグステップ
講評
ビッグステップ

歩道と一体化した広場から、地下への大階段(ビッグステップ)、その上部の大吹抜に面するエレベーター、周防町から清水町に抜ける路地、種々の仕掛けが、人々を誘い込む。従来の商業施設には見られない、内でも外でもない「街空間」が人をひきつけ、アメリカ村に新しい界隈と街並みをつくりだした。ファサードを小さなブロックにブロックに分割することによって、周辺環境への溶け込みにも成功している。

概要
建築位置大阪市中央区西心斎橋1‐6‐14
完成年月平成5年2月
主用途店舗
建築主株式会社大和銀行
安田信託銀行株式会社
三菱信託銀行株式会社
設計者株式会社環境開発研究所
施工者竹中工務店・東急建設共同企業体

第14回奨励賞

ベル・パークシティANNEX
講評
ベル・パークシティANNEX

27階建て住棟の両脇14階建て住棟を対称に配置し、各住棟を回廊で結んだ形式を、見るまで、格式ばった堅苦しさを感じていた。が、現地に立った時、その不安は解消した。控え目な外観と色調の住棟、その前に広がる緑と花と水とオブジェで演出された庭園が、周辺に圧迫感を与えることなく、むしろホッとする安らぎあるまちなみ空間を創り出している。

概要
建築位置大阪市都島区友渕町1‐4
完成年月平成5年7月
主用途共同住宅
建築主三井不動産株式会社
カネボウ不動産株式会社
株式会社デベロッパー三信
進和不動産株式会社
設計者鹿島建設株式会社大阪支店一級建築士事務所
三井建設株式会社大阪支店一級建築士事務所
施工者鹿島建設株式会社
三井建設株式会社

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。