ホーム>過去作品集>第29回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2009-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第29回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2009- (平成21年)

総評

本年の審査対象は97件(建物87件、まちなみ10件)と若干少なかったものの、水準は高く維持されていた。まず審査資料に基づいて1次審査を行い、19件(建物16件、まちなみ3件)を2次審査である現地審査の対象とした。例年になく大阪市内の物件が17件と集中し、昨今の経済情勢を反映してか、大阪府下での建築行為の停滞が危惧されるが、バブル経済の崩壊時とは異なり、グレイドが高い物件も一定程度あり、景観意識が定着しつつあることを裏付けいている。

審査会では知事賞、市長賞、建築士会長賞の3賞と特別賞が早々と決定される中で、緑化賞と奨励賞は若干論議を要して決定された。奨励賞が3件と限定されたものとなったように、3賞・特別賞とたの入賞物件、入賞物件と他の物件との評価に隔たりがあったことを物語っている。特別賞としたルポンドシエルビルは、大正15年建設のビルで流行したスパニッシュスタイルの外観を持つが、この歴史的なファサードを忠実に残したものであり、ストック活用の域を超え、今後の近代遺産の積極的継承をリードするものとなろう。知事賞の淀屋橋odonaは、大阪の景観を代表する御堂筋の歴史と風格を単に継承することに留まらず、地上部には今後の御堂筋が目指す新たな賑わいが創出されている。市長賞のキャナルテラス堀江は、旧のレンガ倉庫のイメージを継承しつつ、全面ガラスウォールの外観が道頓堀川沿いのリバーウォークとガーデンブリッジと一体となって、これからの新たなリバーフロントの景観をリードするものとなろう。建築士会長賞の田島大阪ビルは、京町堀という界隈性のある市街地の中にあって、繊細な陰影を持つ木目の細やかな建築物の外観とバルコニーや庇からの立体的な緑とともに、地上部の株立ちのサクラが一体となって親しみのある穏やかな景観を醸し出している。いずれも物件が立地する地域や地区の今後の景観をリードするものとして大いに期待される。

審査委員長: 増田 昇

第29回大阪府知事賞

淀屋橋odona
講評
淀屋橋odona

御堂筋に面し愛日小学校のあった歴史ある一等地にあって、高さ50mの前面部は彫りの深い陰影のあるファサード(※1)ともあいまって、御堂筋の整然とした景観スケールを継承するとともに、歴史と風格のある街並みに相応しいものとなっている。低層部は御堂筋の淀屋橋−本町間では初の地上2層の商業施設を持ち、外周部のポルティコ(※2)と並木とあいまって、賑わいとともに華やかさを醸し出している。高さ50mのテラス部の屋上緑化は、御堂筋の高層部に新たな緑の街並みの創出を予感させている。

審査委員長: 増田 昇
概要
建築位置大阪市中央区北浜4‐3‐1・今橋4‐1‐1
完成年月平成20年2月
主用途事務所、商業施設
建築主三井住友海上火災保険株式会社
株式会社三井不動産
設計者株式会社日建設計
施工者[A棟] 竹中・鹿島・大林・錢高・鴻池・三井住友・フジタ・奥村組土木・ノバック共同企業体
[B棟] 大林・竹中・大幸・藤木・錢高共同企業体

第29回大阪市長賞

キャナルテラス堀江
講評
キャナルテラス堀江

道頓堀川沿いの細長い敷地につくられたこの建物は、川沿いの遊歩道と一体となり良好な親水空間を形成している。川沿いのファサードは、全面ガラスカーテンウォールとなっており、建物内から遊歩道、道頓堀川、そして対岸の湊町リバープレイスへの眺望が開かれるとともに、対岸からの眺めは河川越しに軽快なまちなみを構成している。対岸へ渡る歩行者専用橋「浮庭橋」とも2階でつながり、河川空間と一体となった良質な景観を構成している。

審査委員: 久 隆浩
概要
建築位置大阪市西区南堀江1‐5‐26
完成年月平成20年6月
主用途商業施設
建築主株式会社住友倉庫
設計者株式会社日建設計
施工者清水建設株式会社

第29回大阪府建築士会長賞

田島大阪ビル
講評
田島大阪ビル

1ブロック西に緑の深い猫のいる近隣公園があり、少し南には大阪を代表する靭(うつぼ)公園が広がる。この京町堀界隈は古くから小割りの低層建物が密集する、大阪の情緒を色濃く残す界隈である。緑は公園にまかしてアリバイのように緑を配する周辺のなかで、忽然と現れる「森」のような建築に驚かされる。道路に接したわずかな空地と偏在させたバルコニーだけで、すなわち皮一枚のちょっとした知的操作によってこの大胆な表現を実現した技に舌を巻く。

審査委員: 天野 直樹
概要
建築位置大阪市西区京町堀1‐10‐5
完成年月平成20年8月年
主用途事務所
建築主株式会社田島ルーフィング
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社竹中工務店

第29回緑化賞

ほたるまち
講評
プール学院中学校・高等学校

中之島側から玉江橋を渡ると街区中央付近が川に向かって開いており、川沿いの緑とリバーデッキが人を迎え入れる。北側からは、街路樹をたどれば街区の中央にあるパティオ(※1)にたどり着く。放送局、集合住宅、商業施設の各棟からなる街の共通の広場である。それぞれの建物が個性のある顔を表出しているが、この広場とそのアプローチとなるプロムナード(※2)が街区を一体化。周辺街路に街の賑わいを、川沿いとパティオに人の賑わいを創出。街区に配された緑が年々成熟していくのが楽しみである。

審査委員: 大井 昇二
概要
建築位置大阪市福島区福島1‐1‐30・1‐1‐8他
完成年月[A街区] 平成20年1月
[B街区] 平成20年4月
主用途放送局、共同住宅、集会場、商業施設
建築主[A街区] 朝日放送株式会社
[B街区] オリックス不動産株式会社 三菱地所株式会社 住友商事株式会社 関電不動産株式会社 京阪電鉄不動産株式会社 株式会社ビープラネッツ
設計者[A街区] 株式会社隈研吾建築都市設計事務所 株式会社NTTファシリティーズ
[B街区] 竹中工務店・三菱地所設計共同企業体 株式会社竹中工務店 株式会社石橋清志建築設計事務所 オンサイト計画設計事務所
施工者株式会社竹中工務店

第29回特別賞

ルポンドシエルビル
講評
ルポンドシエルビル

本ビルは大林組本店ビルとして大正15年に竣工した。スクラッチタイル(※1)とテラコッタ(※2)のレリーフを用いた格調高いデザインとともに、その時代を物語る雄弁な存在である。この大阪が誇るべき社会遺産が、耐震改修・内装改修によって価値と機能が強化された。耐震壁の配置の工夫などによって、通りと大川に面する窓の表情は巧みに保持されている。同時に長期的な壁面緑化も試みられており、様々な知恵を積極的に結集させた取り組みは評価できる。

審査委員: 佐野 吉彦
概要
建築位置大阪市中央区北浜東6‐9
完成年月平成19年9月
主用途事務所 レストラン
建築主大林不動産株式会社
設計者株式会社大林組一級建築士事務所
施工者株式会社大林組

第29回奨励賞

桜保育園
講評
桜保育園

閑静な住宅街の中で、高さを抑えた勾配屋根と木の下見板張り外壁が保育園らしい優しさを演出して、周辺の低層住宅とよく馴染んでいる。また、道路境界にも一切塀は設けず開放的なオープンスペースになっていて、駐車場であることを感じさせない。中に入ると木で仕上げられた空間は天井も高く、トップライトから柔らかく自然光に溢れている。おおらかに広がるオープンスペースと子供たちが好んで遊べる狭いスペースとの対比も楽しく、園児たちが元気よく育っていく家となっている。

審査委員: 江副 敏史
概要
建築位置箕面市桜2‐15‐14
完成年月平成20年2月
主用途保育園
建築主社会福祉法人夢工房
設計者有限会社モノスタ'70
施工者株式会社林建設

第29回奨励賞

INAX大阪ビル
講評
INAX大阪ビル

四ツ橋筋の個性的で大きい彫刻のようなビルには目を留めずにはいられない。60cmの三角に組まれた焼き物からなる巨大なファサードは、テラコッタカーテンウォールという新手法により見事に宙に浮かんでいる。見上げると凹凸が天に向かって挑戦するように昇り続く。巨大で目立つにもかかわらず、圧迫感がなく、街に美しい刺激を与えているのは、茂みのモダン灯籠の佇まいで外装と同じテラコッタのパーツを使った空調隠しの腰壁や、通りからもガラス越しに覗ける階段の積層の端麗さなどが親しさを見つけさせる巧みな設計によるのだろう。

審査委員: 夏原 晃子
概要
建築位置大阪市西区新町1‐7‐1
完成年月平成19年12月
主用途事務所
建築主株式会社INAX
設計者株式会社日建設計
施工者株式会社竹中工務店

第29回奨励賞

千趣会新本社ビル
講評
千趣会新本社ビル

建物を出来る限り道路から引いて、緑豊かな前庭とせせらぎのある水盤を設け、外壁を上部で少し傾斜させてセラミックルーバー(※1)により全面をやわらかな外皮で覆っている。密集した市街地にあって、建物のボリュームの持つ威圧感の軽減やプライバシーの確保など、近隣に対する細やかな配慮を行いながら、さわやかな企業イメージを醸し出し、まちなみにやさしい風景を生み出している。

ランドマークとなる超高層を軸に、高層、低層の建物がバランスよく4街区一体となった快適な住環境が形成されている。交差する2本の軸を中心に広場やファニチャーが配置され、住人同士、また病院への来院者などとの交流が生み出されている。

審査委員: 指田 孝太郎
概要
建築位置大阪市北区同心1‐8‐9
完成年月平成20年6月
主用途事務所
建築主株式会社千趣会
設計者株式会社竹中工務店
施工者株式会社竹中工務店

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。