ホーム>過去作品集>第34回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2014-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第34回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2014- (平成26年)

第34回大阪府知事賞

グランフロント大阪
講評
グランフロント大阪

梅田貨物駅の再開発で生まれた約24haの新都心地区は、エリアマネジメントによって生み出された統一感あるハイグレードな景観をつくりだしている。すべての建物は地上45mの高さで表情を揃え、低層部の景観を整えている。また、そびえ立つ4本のタワーは、南側のオフィ ス棟を先進性あふれるガラス建築に、北側のホテル・マンション棟はアースカラーで素材感を出すことで温かみを醸し出すなど、用途に合わせたデザインを施している。さらに道路と敷地のセットバック部と合わせ、ゆったりとした歩行空間を生みだし、オープンカフェによって賑わい景観をつくりだしている。

審査委員長:  久 隆浩
撮影者:  村井スタジオ
概要
建築位置大阪市北区大深町
完成年月 2013年3月
主用途オフィス、ナレッジ、商業、コンベンション、シアター、ホテル、サービスレジデンス、住宅
建築主 NTT都市開発(株)
(株)大林組
オリックス不動産(株)
関電不動産(株)
新日鉄興和不動産(株)
積水ハウス(株)
(株)竹中工務店
東京建物(株)
日本土地建物(株)
阪急電鉄(株)
三井住友信託銀行(株)
三菱地所(株)
設計者 (株)日建設計+(株)三菱地所設計+(株)NTTファシリティーズ
(実施設計では(株)大林組、(株)竹中工務店と協働)
うめきた広場基本デザイン・デザイン監修:安藤忠雄建築研究所
施工者梅田北ヤード共同企業体((株)大林組、(株)竹中工務店)

第34回大阪市長賞

ダイビル本館・中之島四季の丘
講評
ダイビル本館・中之島四季の丘

大大阪の時代を象徴する近代建築・ダイビル本館(1925年竣工・渡 辺節)が、中之島の新しいランドマークとして建替えられた。低層部北面と西面は当初材料を再利用して復原的に再現。高層部を軽快なガラスのカーテンウォールとすることで、旧ダイビル本館の記憶を継承しつつ現代的なスカイラインを描く。周辺敷地との関係性を重視して計画された足元では、壁面のセットバックによって生み出されたオープンスペースが賑わいを誘引するとともに、敷地西側に設けられた丘状の緑地・中之島四季の丘が豊かな緑をまちに提供している。

審査委員: 中嶋 節子
撮影者: 東出写真事務所
概要
建築位置 大阪市北区中之島3−6−32
完成年月 2013年2月
主用途 事務所・飲食店舗・物販店舗・自動車車庫・地域冷暖房施設・地下通路
建築主ダイビル(株)
関電不動産(株)
設計者 (株)日建設計
施工者 (株)大林組

第34回審査員特別賞

大阪木材仲買会館
講評
大阪木材仲買会館

木材を取り扱う仲買協同組合の会館の建て替えで、かつて大坂の木材問屋が軒を連ねた長堀に近い場所に立つ。樹齢50年を超える既存の二本の桜を、まちなみの風景を継承する主役として据え、根を傷めないよう建物外壁面を凹面状に控えて、まちなかのちょっとした森となっている。耐火性・防火性・メンテナンス性等、都心での木造採用に伴う多くの課題を見事に乗り越えた力作で、丁寧につくり込まれた、質の高い、心地よい建築である。

審査委員: 指田 孝太郎
撮影者: 母倉 知樹
概要
建築位置 大阪市西区南堀江4−18−10
完成年月2013年3月
主用途事務所
建築主大阪木材仲買協同組合
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

第34回緑化賞

旧桜宮公会堂
講評
旧桜宮公会堂

本施設は、都市公園内に位置する施設であり、玄関ファサード部分が重要文化財に指定されている。現在、ブライダル施設等として生まれ変わったが、同敷地内の泉布観と相まって、歴史的・文化的な雰囲気を醸し出している。敷地内では、既存のソメイヨシノ、イチョウの巨木を適切に保存するのみならず、建物西側の日本庭園を復元し、樹木を積極的に保全・管理している点や、庭園での回遊性の確保、東側での造幣局側から大川に抜ける南北軸の動線確保等が評価された。

審査委員:  下村泰彦
撮影者: ナカサアンドパートナーズ
概要
建築位置 大阪市北区天満橋1−1−1
完成年月2013年3月
主用途結婚式場
建築主(株)ノバレーゼ
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

第34回奨励賞

木の実幼稚園
講評
木の実幼稚園

形も構造も意匠も異なる園舎は成長の変遷を物語っている。そ の敷地に白い箱の鉄骨造と黒い木造が挿入され、新たな混在が生みだされている。一般的な 「デザインポリシー」 の概念においては拡散的なまちなみを助長し、一見したところデザインワークとしての論理性は見出しにくい。しかしそれが狙いであったのだろう。結果的に多様な隙間を生み出しており、道に対し幼稚園の溢れ出しを押し出している点で、巧妙なまちなみ形成の提案となっている。

審査委員: 本多 友常
撮影者: モノスタ'70
概要
建築位置 松原市天美北3−10−18
完成年月2012年10月
主用途幼稚園
建築主学校法人 今川学園
設計者(有)モノスタ'70
施工者 (株)林建設

第34回奨励賞

中之島フェスティバルタワー
講評
中之島フェスティバルタワー

1958年開館以来音楽に催しに花束贈呈役にと通った懐かしいフェスティバルホールが巨きく高く現れた。手の掛けられた壁 面や柱、朝日新聞ビルのイメージ、南面のレリーフの継承がレッドカーペットのエントランスと共に風格を持って馴染んでい る。寒い季節は並木とイルミネーションが美しい。

審査委員:  夏原 晃子
撮影者: 古田 雅文
概要
建築位置 大阪市北区中之島2−3−18
完成年月2012年10月
主用途事務所・商業施設・集会場
建築主(株)朝日新聞社
設計者(株)日建設計
施工者 (株)竹中工務店

第34回奨励賞

東大谷高等学校泉ヶ丘校舎
講評
東大谷高等学校泉ヶ丘校舎

敷際の蛇籠の壁、建築空間を包み込むレンガの透かし積み、優しい色使いの外壁タイルなど素材使いの魅力がそのまま建築の 魅力に繋がっている。強調された外観の水平線が既存地形に寄添う構成を引き締める。生徒手植えによる天然芝グランドなど生徒の活動も伝わる空間だった。

審査委員:  藤本 英子
撮影者: 稲住 泰広
概要
建築位置 堺市南区三原台2−2−2
完成年月2013年3月
主用途学校
建築主学校法人 大谷学園
設計者(株)竹中工務店
施工者 (株)竹中工務店

第34回奨励賞

日本圧着端子製造株式会社
講評
日本圧着端子製造株式会社

大阪の商業の中心地・船場にあって、外壁全面に4寸角の国産杉材を格子状に取り付けた大胆なデザインが目を引く。木製格子は、防火地域における外装の木質化への挑戦的な試みであると同時に、外部と内部を緩やかにつなぐ緩衝装置として機能している。

審査委員: 中嶋 節子
撮影者: 絹巻 豊
概要
建築位置 大阪市中央区道修町3−4−7
完成年月2013年6月
主用途事務所
建築主 日本圧着端子製造 (株)
設計者Atelier KISHISHITA+Man*go design
施工者鹿島建設(株)

第34回奨励賞

IDEC本社・技術研究センター
講評
IDEC本社・技術研究センター

南北に新しい街の軸(幹線道路)ができる。東側に面した長さ81mの低層棟。縦ラインが印象的なシャープな顔は、LED照明により表情を変える。桜の咲く中庭は近隣住民にも開かれており、地域を代表するシンボルとなる。

審査委員: 渋谷 卓司
撮影者: 松村 芳治
概要
建築位置 大阪市淀川区西宮原2−6−64
完成年月2013年3月
主用途事務所
建築主IDEC(株)
設計者鹿島建設(株)
施工者鹿島建設(株)

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。