ホーム>過去作品集>第36回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2016-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第36回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2016- (平成28年)

第36回大阪府知事賞

シマノ本社工場
講評
シマノ本社工場

第一種住居地域に隣接した本社工場であることに配慮し、歩道整備や敷地周囲に四季折々の景観を楽しめる緑地を整備するとともに、電柱の地中化を自ら率先したり、ショールームのようなガラス張り職員駐輪場や緑量の多い緑化駐車場を整備することで、完成度の高い地域景観を創造している。既整備の建物を含め愛情を持って環境を維持し、将来に渡り地域の景観形成に寄与していこうとする企業姿勢にも敬意を表します。

審査委員:  古田 和夫
撮影者:  野田 東徳
概要
建築位置堺市堺区老松町3−77
完成年月 2015年3月
主用途 事務所 工場
建築主 株式会社シマノ
設計者 芦原太郎建築事務所
施工者 大林組・コーナン建設共同企業体

第36回大阪市長賞

日本生命本店ビル群
講評
日本生命本店ビル群

1962年に竣工した本館の外観にあわせて、東館が新築、南館が改修された。重厚な石積みの建築が3棟並び建つ街区は、成熟した船場のまちにあって、圧倒的な存在感と品格を示す。あえて今、石積みの格調高い建築群を志向する態度に、大阪を創業の地とする企業と設計事務所の自負心を感じた。建物の周囲では、御堂筋側にライトアップ、適塾へと続く内北浜通沿いには並木道と彫刻、愛珠幼稚園と向かい合う丼池通側には豊かな緑量のプロムナードを設けるなど、通りのコンテクストに寄り添う環境整備が行われる。都市の担い手としての高い見識にもとづく、まちへの貢献に敬意を表したい。優れた都市景観が、この街区から大阪全体へと広がることを願う。

審査委員: 中嶋 節子
撮影者: 清水 向山
概要
建築位置 大阪市中央区今橋3丁目
完成年月 本館1962年5月、南館1959年3月、東館2014年12月
主用途 事務所
建築主日本生命保険相互会社
設計者 東館:鞄建設計、南館:椛蝸ム組、鞄建設計(外壁デザイン監修)、本館:鞄建設計、椛蝸ム組(改修設計)
施工者 東館:大林組・竹中工務店共同企業体、南館:大林組・錢高組・藤木工務店共同企業体、本館:大林組・藤木工務店共同企業体

第36回審査員特別賞

立命館大学大阪いばらきキャンパス
講評
立命館大学大阪いばらきキャンパス

まず目を引くのは、塀を設けず隣接する岩倉公園と一体的なランドスケープを形成している点である。また、古来の条里制でできている地域軸に合わせ建物の配置軸を形成することで、歴史性・地域性を尊重した景観を構成している。学生の主動線となる南北の「学びの軸」には、敷地に起伏の変化を持たせることで校舎の2階部分へと誘う工夫がなされており、景観的にも変化を生み出している。さらに、新名神高速道路の整備により失われつつある里山の構成種でキャンパス内に新たな里山を設置する工夫も好感が持てる。

審査委員長: 久 隆浩
撮影者: 庄野 新
概要
建築位置 茨木市岩倉町2−150
完成年月2015年2月
主用途学校 公会堂・集会場
建築主学校法人立命館
設計者立命館キャンパス計画室(基本構想・設計監修)、且R下設計(基本設計)、樺|中工務店
施工者(株)竹中工務店

第36回緑化賞

さかい利晶の杜
講評
さかい利晶の杜

堺市立歴史文化にぎわいプラザである本施設は、施設全体を囲う植栽樹木により「緑の環濠」を連想させるだけでなく、建築物エントランス横の水辺を連想させるシダレヤナギが中世環濠都市としての堺のイメージを創出させている。また、西側のプロムナードにおいては、カスミザクラ、コナラ、ヤマボウシ等の落葉高木が季節感のある里山的風景を醸し出し、曲線を用いた園路と高木植栽とがヒューマンスケールの緑地空間を演出していた。

審査委員: 下村 泰彦
撮影者: 野口 兼史
概要
建築位置 堺市堺区宿院町2丁−1−1
完成年月2015年2月
主用途文化観光拠点
建築主堺市
設計者東畑・ダイシン設計共同体
施工者橋爪・日野建設工事共同企業体

第36回建築サイン・アート賞

船場センタービルのリニューアル
講評
船場センタービルのリニューアル

ビジネス街の中心で高速道路の高架下につながる 1kmのビル。それだけでも特殊な存在であるが、竣工から 45年を経た老朽化への対応が、そのイメージを一新させた。繊維のまちのイメージを明確に示すために、着物の小紋模様を抜いたアルミパネルで包み込んだ建物は、将に建築そのものがサインとも言える存在になった。1から 10号館までのそれぞれを日本の伝統色で識別させ、横切る 9つの筋の名称と号数のグラフィカルな表現が魅力を増幅している。

審査委員: 藤本 英子
撮影者: 潟Gスエス大阪
概要
建築位置 大阪市中央区船場中央1丁目から4丁目地内
完成年月2015年5月
主用途事務所 商業施設
建築主船場センタービル区分所有会
設計者叶ホ本建築事務所
施工者褐F谷組

第36回奨励賞

大阪歯科大学 創立100周年記念館
講評
大阪歯科大学 創立100周年記念館

シンボルとなる民間の建築はこうあるべき、とさえ思わせる配慮がある。隣地既存大学施設の色彩を引き継ぎ、将来奥に建設予定の大学建物との関係性と周辺マンションへの配慮から高さを設定。正面ハニカムタイルスクリーンが、素材の技で高品質感を醸し出している。

審査委員: 藤本 英子
撮影者: 古田 雅文
概要
建築位置 大阪市中央区大手前1−5−17
完成年月2013年3月
主用途学校
建築主学校法人大阪歯科大学
設計者鞄建設計
施工者 西松建設

第36回奨励賞

Zepp Namba(OSAKA)
講評
Zepp Namba(OSAKA)

なんばパークスに始まった難波再開発の南端に建つ南海本社ビルの低層部には大阪府立大学の生涯学習の拠点として“垣根のない大学”はガラス張りの空間と共に“まちライブラリー”のゆったりした本箱が大きい端正な建物の威圧感を和らげライブホールと中庭で繋がる。トラック一台での全国ツアーを可能に機能的でゆとりある搬入口。開演を待つ観客が集うホール周辺の夜の風景をもう一度みたくて再び暗くなった空間へもどると、二つの建物から漏れる光の谷間のような中庭に樹々の影を浮かばせ昼間の雑多さと変わり建物の対比と明りが物語の背景のように奥深い。なんば北端から南端迄誘導するプロムナードを待つばかりである。

審査委員: 夏原 晃子
撮影者: 株式会社伸和
概要
建築位置 大阪市浪速区敷津東2−1−39
完成年月2012年3月
主用途公会堂 集会場(ライブホール)
建築主鎧eppホールネットワーク
設計者椛蝸ム組
施工者 椛蝸ム組

第36回奨励賞

南海なんば第1ビル
講評
南海なんば第1ビル

なんばパークスに始まった難波再開発の南端に建つ南海本社ビルの低層部には大阪府立大学の生涯学習の拠点として“垣根のない大学”はガラス張りの空間と共に“まちライブラリー”のゆったりした本箱が大きい端正な建物の威圧感を和らげライブホールと中庭で繋がる。トラック一台での全国ツアーを可能に機能的でゆとりある搬入口。開演を待つ観客が集うホール周辺の夜の風景をもう一度みたくて再び暗くなった空間へもどると、二つの建物から漏れる光の谷間のような中庭に樹々の影を浮かばせ昼間の雑多さと変わり建物の対比と明りが物語の背景のように奥深い。なんば北端から南端迄誘導するプロムナードを待つばかりである。

審査委員: 夏原 晃子
撮影者: 新建築社
概要
建築位置 大阪市浪速区敷津東2−1−41
完成年月2012年12月
主用途事務所
建築主南海電気鉄道
設計者椛蝸ム組
施工者 南海辰村建設梶E椛蝸ム組(施工協力)

第36回奨励賞

YANMAR FLYING-Y BUILDING
講評
YANMAR FLYING-Y BUILDING

筒状のアルミルーバー材に人工土壌を不織布で包んだ新開発の植栽ユニットにより、建築外装材と壁面緑化の一体化と内部からも楽しめる壁面緑化を、確かな技術により実現していることを評価します。

審査委員: 古田 和夫
撮影者: 東出写真事務所
概要
建築位置 大阪市北区茶屋町1-32
完成年月2014年9月
主用途事務所 商業施設
建築主セイレイ興産
設計者鞄建設計
施工者 樺|中工務店

第36回奨励賞

三井住友銀行大阪本店ビル
講評
三井住友銀行大阪本店ビル

1930年竣工以来、凛として中之島の風景であり続ける「三井住友銀行大阪本店」外観は85年来の意匠と歴史をふまえつつ、現代のニーズに合うリニューアルがなされた。綿密な環境配慮をコンセプトとし、耐震設備環境への工夫など内部外部への取組は歴史を含めて学ぶ機会でもあったと聞く。

審査委員: 夏原 晃子
撮影者: 潟Gスエス大阪
概要
建築位置 大阪市中央区北浜4−6−5
完成年月1930年7月
主用途事務所
建築主且O井住友銀行
設計者鞄建設計
施工者 椛蝸ム組・轄ヲr組・粥ヌ沼組共同企業体

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。