ホーム>過去作品集>第37回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2017-

過去作品集

※ 作品に関するデータはすべて受賞当時のものです。

第37回 大阪まちなみ賞 受賞作品 -2017- (平成29年)

第37回大阪府知事賞

ダイキン工業テクノロジー・イノベーションセンター
講評
ダイキン工業テクノロジー・イノベーションセンター

殺伐となりがちな工業地帯にあって、地域景観の質向上に多大な貢献をしている。設備配管や避難階段なども兼ねたスチールパイプで造られた庇を設置し、横に長いファサードに流れを生みだし、近接する淀川・神崎川の流れに呼応させている。また、外構に植樹された1,100本の高木、8,000本の中木が、地域の緑のシンボルとなり、地域住民にも開放されることで憩いの空間を提供している。

審査委員長:  久 隆浩
撮影者:  清水向山建築写真事務所
概要
建築位置摂津市西一津屋1−1
完成年月 2015年10月
主用途 事務所・研究所
建築主 ダイキン工業(株)
設計者 日建設計・NTTファシリティーズ設計共同企業体
施工者 (株)竹中工務店(建築)・住友林業緑化(株)(植栽)

第37回大阪市長賞

新ダイビル
講評
新ダイビル

村野藤吾設計による「新ダイビル」(1958年竣工)の建て替え事業である。旧建物にあった1,000坪もの屋上樹園を地上に継承し、地域に開かれた豊かな森をつくり出している点がまずもって注目される。生物多様性にも配慮されたこの森は、建物側のパブリックスペースと一体化するとともに、堂島川側にも拡張されることで、街と敷地と建物とを有機的につなぐ。建物では、旧建物のイメージを踏襲する水平を強調した外観デザインが、洗練された都市的ランドスケープを描く。旧建物の記憶と思想を、緑地や外観といったまちとのインターフェイスとして継承、発展させた本事業は、マチュアで高質な大阪の都市景観を牽引するものといえる。

審査委員: 中嶋 節子
撮影者: 東出清彦写真事務所 (有)イーストン
概要
建築位置 大阪市北区堂島浜1−2−1
完成年月 2015年3月
主用途 事務所・商業施設
建築主 ダイビル(株)
設計者 (株)日建設計
施工者 (株)大林組

第37回審査員特別賞

枚方 T-SITE
講評
枚方 T-SITE

T-SITEのサインを建物と一体化したガラス張りのキューブを組み合わせたこの建物は、時の移ろいを映し街を写す。駅へ急ぎ散る人々の足を緩める仕掛けはベンチ回りの植栽や屋上から覗く緑化もその一つです。合理的な駐輪システムで建物の周りや裏側もすっきりしている。駅を通過点だけでなく見易い店内の本題に手を伸ばし、笑顔と会話が生まれたら、街のリビングとして愛され活用できる事でしょう。

審査委員: 夏原 晃子
撮影者: 中道 淳
概要
建築位置 枚方市岡東町12−2
完成年月2016年2月
主用途商業施設
建築主(株)ソウ・ツー
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店・前田組共同企業体

第37回緑化賞

てんしば
講評
てんしば

自然的な雰囲気や潤いの供給のみならず、賑わい性といった新たな都市公園のあり方が提案されている施設である。エントランス部分は、分散配置されたカフェやレストランが都市空間を公園空間とを結ぶ「つなぎ」空間となっている。西に広がる7,000uにも及ぶ広大な芝生広場は、すり鉢上に緩やかな傾斜を持たせることにより、従前のサンクンガーデンのイメージが継承されるとともに、超高層のハルカスを視認できる重要な引き空間としての役割も果たしている。

審査委員: 下村 泰彦
撮影者: 母倉 知樹
概要
建築位置 大阪市天王寺区茶臼山町115−1の一部
完成年月2015年11月
主用途商業施設
建築主(株)近鉄不動産
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

第37回建築サイン・アート賞

太陽工業事務所・太陽工業御陵通給油所
講評
太陽工業事務所・太陽工業御陵通給油所

仁徳天皇陵にも近く住宅街に隣接するガソリンスタンドとして、特別な施主の想いが実現している好事例である。財団事務所との一体計画として、オフホワイトの外壁に、力強く段違いに並ぶ4つの鉄板格子庇があり、その一つだけがブルーの色を持ち、そこに店のロゴが入る。低めのポール看板と足元のサインだけで、十分ガソリンスタンドのブランドは確認出来る。夜間照明も高輝度を避ける計画で、低木ながら緑化の効果も高い。スタンド業界のサインのあり方に、新たな布石となれば幸いだ。

審査委員: 藤本 英子
撮影者: 母倉 知樹
概要
建築位置 堺市堺区三条通1-2
完成年月2016年2月
主用途事務所・給油所
建築主太陽工業(株)
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

第37回奨励賞

あそび創造広場 TSURUMI こどもホスピス
講評
あそび創造広場 TSURUMI こどもホスピス

三角屋根の建物がリズミカルに弧を描いて並ぶ外観は、視線を捉える効果がある。施設は難病の子供たちと家族が過ごす場所としてデザインされた。設計者は病院と自宅しか知らない子供の暮らしを地域社会と交差させる仕掛けを考えた。その答えが、周辺で暮らす人の目を吸い寄せる建築と、あえて未完成にした庭だ。この野心的な企みは成功している。

審査委員: 堀 洋
撮影者: 薪建築社写真部
概要
建築位置 大阪市鶴見区浜1−1−77(花博記念公園鶴見緑地内)
完成年月2015年12月
主用途児童福祉施設等(コミュニティ型こどもホスピス)
建築主(一社)こどものホスピスプロジェクト
設計者大成建設(株)
施工者大成建設(株)

第37回奨励賞

帝塚山地域における住宅群
講評
帝塚山地域における住宅群

明治大正からの趣を残す「帝塚山」で、設計事務所設立から20年の間に50件近い住宅を作り続けていることにまず驚いた。クライアントの信頼が厚い証であろう。審査対象の5件はどれも素材感を生かした端正なデザインで、小さいながらも通りに対して緑を配し、お隣との視線プライバシーにもきめ細やかな配慮がある。丁寧で地道なひとつひとつの積み重ねが、まちなみの景観向上に寄与していることを高く評価したい。

審査委員: 指田 孝太郎
撮影者: 平井 美行(上段左・上段右)・母倉 知樹(下段左・下段中央)・Stirling Elmendorf(下段右)
概要
建築位置 大阪市阿倍野区帝塚山1−3−20
完成年月2011年9月・12月 2013年3月 2015年5月・8月
主用途一戸建て住宅
建築主入塩 安高
設計者(株)Y's design 建築設計室・(株)新建築総合
施工者(株)ケイ・アイ・エス

第37回奨励賞

イオンモール堺鉄砲町
講評
イオンモール堺鉄砲町

七道駅側モールでは、稲荷神社や赤レンガ建築が保全され、せせらぎや季節感のあるふるさとの森が地域の文化的・自然的景観の保全・創出に寄与し、国道26号側では駐車場緑化、壁面緑化が施され、都市レベルでの自然的景観の創出に寄与している。

審査委員: 下村 泰彦
撮影者: 古川 泰造
概要
建築位置 堺市堺区鉄砲町1
完成年月2016年2月
主用途商業施設
建築主イオンモール(株)
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

第37回奨励賞

市立吹田サッカースタジアム
講評
市立吹田サッカースタジアム

高速道路への導入路が本線に合流する直前に、みどりに囲まれた金属片に包まれたスタジアムが忽然と立ち現れる。道路線形が生み出す遠心力による動的な身体感覚と建築がポジティブに出会う稀有な事例であり、新たな現代的都市空間が生みだされている。

審査委員: 本多 友常
撮影者: 野口 兼史
概要
建築位置 吹田市千里万博公園3−3
完成年月2015年9月
主用途観覧場
建築主スタジアム建設募金団体(発注者)
吹田市(所有者)
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

第37回奨励賞

アース環境サービス(株) 彩都総合研究所 T-CUBE
講評
アース環境サービス(株) 彩都総合研究所 T-CUBE

国際文化公園都市のシンボルゾーンの顔として、駅前から視認性の高い緑の丘の上に佇む。とかく無表情になりやすい研究施設だが、室内の鮮やかな色彩がガラス越しにその表情を見せ、赤色がシンボリックなアクセントとして、外部の景観にその魅力を見せる。夜の演出はなお見事だ。

審査委員: 藤本 英子
撮影者: 宮本 真治
概要
建築位置 茨木市彩都あさぎ7−1
完成年月2015年10月
主用途研究所
建築主アース環境サービス(株)
設計者大成建設(株)
施工者大成建設(株)

ローカルナビゲーション

Adobe_Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには“Adobe_Reader”が必須です。
Adobe_Readerは、Adobeのホームページから無料でダウンロードできます。
(新規ウィンドウで開きます。)

本文内容はここまでです。これより下は、大阪都市景観建築賞運営委員会の案内情報(主催、住所、Copyright)です。また、本文にジャンプします。